塗料を二度塗りする理由とは?外壁塗装で知っておくべき塗り回数の基本

query_builder 2024/05/17
ブログ
塗料を二度塗りする理由とは?外壁塗装で知っておくべき塗り回数の基本
住まいのメンテナンスにおいて、外壁の塗装は見た目の美しさを保つだけでなく、建物を保護する上で極めて重要です。
家のリフォームを検討している方にとって、適切な塗り方と塗り回数を知っておくことは、外壁を長持ちさせるために欠かせません。
本記事では、塗料を二度塗りする理由や塗装回数から、効果的な塗り方までを解説し、外壁を効果的に保護するための情報をご紹介します。

□塗料の塗装回数の基本


外壁塗装における「標準的な塗り回数」は、下塗り1回、中塗り1回、上塗り1回の計3回とされています。
この塗り分けにはそれぞれ重要な役割があり、適切な施工には欠かせません。

*下塗りの重要性


下塗りは、外壁材と塗料の接着を助ける役割を果たします。
接着力を高めることで、上塗りの塗料が剥がれにくくなります。
また、下塗りは塗装面を平滑にし、上塗りの色の発色を良くする効果もあります。
外壁の凹凸を整えることで、塗りムラを防ぎます。

*中塗りと上塗りの目的


中塗りは下塗りした表面にさらに塗料を重ね、塗膜の厚みを確保します。
これにより、防水性や耐候性が向上します。
上塗りは、見た目の美しさを最終的に決定づける重要な工程です。
平滑で均一にすることが求められます。

*進化した塗料の利用


近年の技術革新により、「2回塗り」で十分な性能を発揮する塗料も開発されています。
これらは特に下塗りが不要とされるものや、中塗り不要で2回の上塗りだけで完結する高性能塗料です。
適切な製品を選ぶことで、施工時間とコストの削減が可能です。

□二度塗りは手抜き?理由を説明!


上記でご説明したように、外壁塗装では、塗料のような塗料を3回に分けて塗り、塗装します。
かつて「二度塗りは手抜き」との誤解がありましたが、現在では多くの高性能塗料が登場し、2回の塗装だけで高い保護性能を発揮することが証明されています。

技術の進化により、性能を損なうことなく塗り回数を減らせるのです。
特に、塗料の選定と施工会社の技術が、二度塗りの効果を最大限に引き出します。

塗装会社選びでは、過去の施工実績や提供される見積もり書、完成後の報告書の内容を確認することが重要です。
中塗りを省略可能な高性能塗料を選ぶ際も、その性能を正確に理解し提供できる会社を選びましょう。

塗料の選び方と同様に、塗る回数や工程についての正しい情報を持つことは、最終的な仕上がりの質を大きく左右します。
塗装会社には、使用する塗料の詳細や塗装回数の理由を明確に説明してもらうことが望ましいです。

当社では、専門的な知識が豊富な担当者がご依頼段階から対応いたしますので、安心してお任せください。

□まとめ


外壁塗装は、ただ色を塗るだけではなく、建物を保護し美観を保つための重要な工程です。
三度塗りが一般的な基本ですが、最新の塗料技術を活用することで、効率的かつ経済的な「二度塗り」も安心して選べます。
リフォームを検討中の方は、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

当社は職人直営のため、ご依頼からアフターサービスまで一貫サポートいたします。
何かお困りの方はぜひ当社までご相談ください。

記事検索

NEW

  • 住宅を守る塗膜とは?基本からトラブル対策までご紹介

    query_builder 2024/06/24
  • 外壁塗装の選択肢!艶あり塗料の持つ耐久性と美観の秘密

    query_builder 2024/06/21
  • スレート屋根が割れる原因と耐用年数についてご紹介!

    query_builder 2024/06/19
  • 外壁塗装と減価償却!事業用建物の税務処理を理解する

    query_builder 2024/06/17
  • 外壁防カビ塗装の決め手!適切な塗料選びと施工のポイント

    query_builder 2024/06/12

CATEGORY

ARCHIVE