外壁塗装で色選び失敗を回避!成功へのステップとポイント

query_builder 2024/05/20
ブログ
外壁塗装で「色選び失敗」を回避!成功へのステップとポイント

「外壁塗装で失敗したくない」
「センスがないから色選びが不安」
外壁塗装の色選びに関して、このような考えをお持ちの方も多いでしょう。
そこで今回は、外壁塗装の色選びに焦点を当て、色の選択ミスを防ぎながら、美観と機能性を兼ね備えた住環境を実現するための具体的なアドバイスをお届けします。

□外壁の色選びに失敗しないための理解と対策


外壁塗装での色選びに失敗する事例は数多く、その主な原因は色の面積効果と不適切な配色にあります。

*面積効果の誤解


小さな色見本での確認は、実際の外壁に適用した時の色と大きく異なる可能性があります。
色見本が小さいと暗めに見えがちですが、大面積で塗装されると予想以上に明るく感じることが多いです。
このような失敗を防ぐため、大きな色板を使用して実際の光の下で確認することが重要です。

*不適切な配色の選択


特に複数色を用いるツートン塗装などでは、色の組み合わせに失敗しやすいです。
暖色系と寒色系の不調和、3色以上の使用によるごちゃごちゃした印象、付帯部分の色との調和が取れないケースなどがあります。
適切な配色は、近い色同士や対照的な白と黒などを選ぶことが1つのポイントです。

また、事前にカラーシミュレーションで確認することも有効です。

*経年変化への無理解


外壁の色は、時間が経つにつれて変化します。
特に紫外線や雨水の影響を受けやすい色は、新築時の鮮やかさを保ちにくいです。
長期的な美観を保つためには、耐候性に優れた塗料を選び、10年後や20年後も考慮した色選びが求められます。

□外壁塗装の色選びの実用的なポイント


外壁塗装の色選びは、美観のみならず、実用性も考慮する必要があります。
ポイントを確認しましょう。

1:ツヤ感の有無の選択


外壁塗装のツヤは、最終的な見た目に大きく影響します。
ツヤありからツヤ消しまで、光沢度には様々な選択肢があり、それぞれが独自の印象を家に与えます。
また、ツヤの有無は耐久性や汚れの付着にも関連しており、これを適切に選ぶことが求められます。

2:周辺環境との調和


外壁の色は、単に個人の好みで選ぶのではなく、周辺の建物や自然環境との調和を考慮する必要があります。
また、地域によっては色の選択に制限があることもあるため、事前に調査し、地域に合った色を選ぶことが大切です。

3:汚れが目立ちにくい色の選択


実用性を重視する場合、汚れが目立ちにくい色の選択は重要です。
例えば、グレージュや淡いブラウンなどは汚れが目立ちにくく、長期間にわたって美観を保ちやすいです。

□まとめ


今回取り上げた外壁塗装の色選びにおける注意点を守ることで、失敗を防ぎ、長期にわたる美観と実用性の両立が可能です。
適切な色の選択、面積効果の理解、ツヤの確認、そして地域の景観に合わせた色の選定が重要です。
これらのポイントを踏まえた上で、外壁塗装を行うことで、住まいの価値を最大限に引き出しましょう。

当社は職人直営のため、ご依頼からアフターサービスまで一貫サポートいたします。
何かお困りの方はぜひ当社までご相談ください。

記事検索

NEW

  • 住宅を守る塗膜とは?基本からトラブル対策までご紹介

    query_builder 2024/06/24
  • 外壁塗装の選択肢!艶あり塗料の持つ耐久性と美観の秘密

    query_builder 2024/06/21
  • スレート屋根が割れる原因と耐用年数についてご紹介!

    query_builder 2024/06/19
  • 外壁塗装と減価償却!事業用建物の税務処理を理解する

    query_builder 2024/06/17
  • 外壁防カビ塗装の決め手!適切な塗料選びと施工のポイント

    query_builder 2024/06/12

CATEGORY

ARCHIVE