スレート屋根が割れる原因と耐用年数についてご紹介!

query_builder 2024/06/19
ブログ
スレート屋根が割れる原因と耐用年数についてご紹介!

スレート屋根は、日本の住宅で多く見られる屋根材です。
耐久性に優れ、メンテナンスも比較的容易なことから、長年愛されてきました。

しかし、スレート屋根も経年劣化によって割れや損傷が生じる場合があります。
この記事では、スレート屋根の割れの原因と対処法についてご紹介します。

□スレート屋根の割れの主要原因


スレート屋根が割れる原因は、大きく分けて4つあります。

*スレート屋根が割れる原因


1:経年劣化


スレート屋根は、セメントを主成分とするため、時間の経過とともに劣化が進行します。
特に、紫外線や雨風などの影響を受けやすい屋根材のため、長年使用していると、表面が劣化し、ひび割れや欠損が生じやすくなります。
また、スレート屋根の表面に塗られている塗膜も、経年劣化によって剥がれてしまうことがあります。
塗膜が剥がれると、スレート屋根は雨水や紫外線に直接さらされるようになり、劣化が加速します。

2:飛来物


台風や強風時に飛来した物がスレート屋根にぶつかることで、割れや損傷が生じることがあります。
特に、瓦や木の枝など、硬い物が当たった場合は、大きな被害が発生する可能性があります。

3:屋根上の工事


アンテナや太陽光パネルの設置など、スレート屋根の上での工事は、割れの原因となる場合があります。
工事に伴う衝撃や、設置物の重さによって、スレート屋根に負担がかかり、ひび割れが生じる可能性があります。
また、工事が不適切に行われた場合、スレート屋根に傷がつき、そこから水が浸入するような被害が発生することもあります。

4:踏み割れ


スレート屋根の上を歩く際に、不注意で踏んでしまうと、割れてしまうことがあります。
特に、経年劣化によって脆くなったスレート屋根は、踏み割れしやすいです。
そのため、スレート屋根の上を歩く際は、十分注意が必要です。


□スレート屋根の寿命はどれくらい?


スレート屋根の一般的な耐用年数は20~30年です。

しかし、これはあくまでも目安であり、実際の寿命は、地域や屋根の向き、メンテナンス状況などによって異なります。
例えば、紫外線の強い地域や、台風や強風などの影響を受けやすい地域では、スレート屋根の寿命は短くなる傾向にあります。

また、定期的なメンテナンスを行っていない場合も、寿命が短くなる可能性があります。

スレート屋根の寿命を延ばすためには、定期的なメンテナンスが不可欠です。
特に、塗装は、スレート屋根を保護する上で重要な役割を果たします。
塗装を行うことで、スレート屋根の表面に防水層を形成し、雨水や紫外線からスレート屋根を守れます。

当社は塗装やリフォームを専門に行っております。
皆様のご要望に合わせたプランにご興味がある方はお気軽にお問い合わせください。



□まとめ


スレート屋根のメンテナンスには、定期的な点検も重要で、早期に劣化や損傷を発見できます。
早期に発見することで、小さな修理で済む場合があり、修理費用を抑えられ、また、大きな被害に発展するのを防げます。
スレート屋根は、適切なメンテナンスを行うことで、長年安心して使用できます。
定期的な点検と塗装を行い、スレート屋根を大切に守りましょう。

記事検索

NEW

  • 焼津市 外壁塗装 屋根塗装 過去のお客様

    query_builder 2024/07/19
  • 屋根の色選びは慎重に!理想の屋根を実現する方法とは?

    query_builder 2024/07/17
  • 雨樋塗装で家の印象を一新!見た目も機能も向上させる方法

    query_builder 2024/07/12
  • 吹き付け塗装とは?種類とその魅力をご紹介!

    query_builder 2024/07/10
  • 外壁をツートン縦塗りで魅力を引き出す!失敗しないための色使いの秘訣

    query_builder 2024/07/08

CATEGORY

ARCHIVE